« ヴァーツラフ・ターリッヒのモーツァルト | Main | コルト マルテーズ(Corto Maltese) »

Thursday, October 14, 2004

悟り、また迷い、の窓

京都洛北、鷹ヶ峯。
源光庵の「悟りの窓」は円く開かれていますが、万事一点の曇りもなく収めるのは、難しいことです。

そんな心持ちで、この一枚…。神戸市内の、某廃ホテルにて。

maya00

ここ数日で急に冷え込んだこともあってか、心身両面でスランプです。
ぼんやりと書きたいことがあっても、キーを打つ手が全く進みません。昨日分の記事にも、手を付けられずにいます。

この辺りで少しだけ間を空けて、また思い切りをつけてから再開するつもりです。
その折には、どうかよろしくお願い致しますm(_ _)m


部屋着が未だにTシャツと短パンなのは問題ですね。ここらが切り替え時でしょう。
ああ、秋風が肌身に沁みる…。

過ぎ去った夏にしがみついているつもりは無いのですが、毎年この調子で結局体調を損なってます。

今年はきっと、うまくやりますとも。
 
 
 

|

« ヴァーツラフ・ターリッヒのモーツァルト | Main | コルト マルテーズ(Corto Maltese) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヴァーツラフ・ターリッヒのモーツァルト | Main | コルト マルテーズ(Corto Maltese) »