« 「たこの吸い出し」を探す | Main | ジャン・ヴィエネふたたび »

Friday, October 08, 2004

「たこの吸い出し」を使う

皆様、お待たせ(?)致しました。
前回記事に引き続き、隠れた名薬「たこの吸出し」こと「吸出し青膏」(町田製薬)、試用レポートでございます。

わたくしが購入したのは10g入り(本体希望小売価格1100円)です。店頭では少々値引きされていたので、税込みで1029円でした。市販されている一番小さい規格のようで、この上に20g入り(本体希望小売価格1600円)というサイズもあります。
10gだと、こんな感じです。

takotako02.JPG


では、早速使ってみます。
丸型ケースの蓋を開くと、濃緑色の薬剤が入っています。かすかに油のような匂いがするものの、ほぼ無臭。質感は温度差によって変化する可能性がありますが、羊羹くらいの固さがあります。そう言えば似ていないこともありませんね。でも、絶対食べてはいけないことは明白、保管につきましては充分なご注意を…申すまでもありませんが(^^;

ともあれ、上述のような質感なので、指先では意外と扱いづらいです。そこで写真にも併せて写っている、プラスチック製の小さなヘラを使います。

takotako03.JPG

そして、患部の大きさに合った滅菌ガーゼなどに、薬剤を添付します。分量は患部の大きさ次第ですが、大体は小指の先くらいでよいかと思います。この際、説明書にもありますが、薄く塗り拡げるのではなく、こんもりと盛りつけるようにしましょう。

takotako04.JPG


これを医療用テープなどでしっかりと患部に貼り、施療終了です。
1日2回貼り替え、とのことなので、わたくしは寝る前と朝一番に振り分けました。

さて、実際の効能について。
これがまた、世評に違わない妙薬でして、赤く腫れていた患部から、一晩で膿胞が浮いてきました。全く手を触れていないのに、既に幾ばくかの膿が、ガーゼの薬剤へと文字通り吸い出されているのです。
感心しながら新しいものに貼り替えて、更に日中を過ごし、現在に至ります。
2回目の貼り替えがまだなので患部の状態を確認していないのですが、現時点(午後6時)で、あれほどひどかった痛みが、嘘のように和らいでしまいました。
もう一日ばかり施療すれば、殆ど完治してしまいそうな勢いです。
いやはや、「たこの吸出し」の効能、畏るべしです。

この「たこの吸出し」、効能は「化膿性皮膚疾患(よう・ちょう・よこね・その他はれもの)」と記載されています。
最初の二者は漢字で表記すると、それぞれ「癰」「疔」と、やまいだれ部首の見るからにタチの悪そうな雰囲気に一変…。
うち「癰」は、かの名将、吉川元春を蝕んだ病です。
元春が病をおして黒田如水の饗応を受けた際、生鮭が膳に供されました。元春はこの食物が自らの病に悪いと知りながらも、礼節と毛利一族の体面とを重んじた上で余さず食し、それが原因で亡くなってしまうのです…。

効能書を読んで真っ先に連想したのが、この故事でした。
ああ、元春の手許にも「たこの吸出し」さえあったなら。そのようなことすら考えさせてしまう、本当によく効く薬です。

教えてくれた母に、改めて感謝であります。
 
 
 

|

« 「たこの吸い出し」を探す | Main | ジャン・ヴィエネふたたび »

Comments

楽しみにしておりました!>レポート
噂に違わず、スバラシイ効果のようで。
化膿性疾患・・・・・・ワタクシの場合アトピーの引っかき傷が悪化してしまい化膿、というパターンがしょっちゅうです。
一度化膿してしまうと始末に終えないというのが正直な所でしたのでたこの吸出しはもう垂涎の的です。
これは是非手に入れねば!

・・・・・・しかし、凄い色ですね。緑色というか、昔絵の具にあったビリジアンを思い出しました(笑

Posted by: 2号機 | Saturday, October 09, 2004 at 10:54 AM

2号機さま、ご来訪お待ち致しておりました(^^)

施療開始から二昼夜が経過しましたが、OAチェアにふんぞり返っても、痛みを殆ど感じないまでに回復です(笑)
ダメ押しで今晩までは貼り替えを行うつもりですが、あとは自然治癒で大丈夫ではないかと思います。

通常だと、腫れてから根っこが浮いてくるまでが、とにかく痛いんですよね。出すもの出し切ってしまえば、傷が塞がるのを待てばいいんですけど…なかなかそこまで到達しないのが難しいところ。
その点で、「たこの吸出し」は実に有難い薬でした。

今回わたくしの場合、最も酷い時で10円玉大にまで患部が腫れていました。そのため指示通りに滅菌ガーゼを用いて施療したのですが、もっと小さな患部の場合は、正方形カットバンなどでもいいんじゃないでしょうか。その方がずっと手軽ですからね。

>色

スゴい色でしょ、ほんと(^^;
「あ、ビリジアンや!」って、わたくしも真っ先に思いましたよん(笑)

Posted by: Tando | Saturday, October 09, 2004 at 03:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「たこの吸い出し」を探す | Main | ジャン・ヴィエネふたたび »