« 気になる発売予告(クラシックばかり) | Main | スクリャービン/練習曲op.8の全曲盤(1) »

Wednesday, January 19, 2005

ありがとうgoogle窓、バナー、100本目。

今回は、ちょっと私信めいた所から話が始まります。

まず、プロフィール画像を変更しました。
昨年以来お馴染み頂いた(?)「たらこキユーピー」の画像から、当「銀璧亭」の名をあしらったバナーになっています。

これは、以前よりご厚誼に与っている畏友、紅子サマから頂戴したものです。
デザイン系の深いご造詣をお持ちになっている御方で、これまでにも時宜に応じてオリジナルの素敵なグリーティングをお送り頂いておりました。いつも当ウェブログをご覧下さっている(…と言うか、こちらから『見てネ★』と一方的にお伝えしたようなものです)だけでも嬉しい事なのですが…。
この上、お忙しい中に専用バナーまで頂戴してしまって(ノ-;)
常々、往信の端々にキラリと光るセンスを窺わせる紅子サマ。私自身、触発される機会が非常に多いのです。
頂戴したバナーも実にCool!!
いや、ほんと、わたくしが急拵えしたシロモノとは比べ物になりません。「餅は餅屋に聞け」ですねえ…しみじみ。
大喜びしながら、早速看板として使わせて頂いた次第です。
むふふ♪
紅子サマ、ありがとうございました。


それと、かねてからの念願が叶って、漸く当ウェブログにも「google検索窓」を取り付ける事に成功しました。
方々で公開されているHTML文を参考にして、自分なりにパッチワークしたソースを作成してはいたのですが、いざ載せてみると全然稼働してくれません。
そんな折に、その道のエキスパートとも言える畏友、valkyrja氏から、ココログを始められた(>>最後の聖戦)、との連絡を頂戴し、これ幸いとココログ対応のgoogle検索窓についてお訊きした次第です。
その結果は、同氏のウェブログ内の記事>>Google検索の貼り付け方として公開されております。

その経緯を承けつつ、わたくしがパッチワークしたHTML文の「添削」もお願いしてみました。すると即日、返信を頂き、見事に稼働する状態に修正して下さったのです。
つまるところ、複数のソースをパッチワークした点がモロに欠陥として現れてしまっていたようです。

以下、当「銀璧亭」にて使用しているgoogle窓のHTML文を掲載致します。
何を今更、と云う感も伴いますが、少しでもどなたかのお役に立てば幸甚です。

<form method="GET" action="http://www.google.co.jp/search">
<input type=text name=q size=20 maxlength=120 value=""><br>
<input type=hidden name=hl value="ja">
<input type=hidden name=ie value=UTF-8>
<input type=hidden name=domains value="ginnhekitei.cocolog-nifty.com">
<input type=radio name=sitesearch value=""> WWW を検索

<input type=radio name=sitesearch value="ginnhekitei.cocolog-nifty.com" checked>「銀璧亭」を検索<br>
<input type=submit name=btnG value="検索">
</form>

●文字表示の便宜上<>は全角で掲載しております。お手数ですが、ご使用の際には全て半角に置換なさって下さい。
斜字体で表記してある部分は、全て当ウェブログに対応した箇所です。ご利用頂く便宜に応じて、アドレス並びにテキストを変更して下さいね。
●<input type=text name=q size=20 maxlength=120 value="">の、”size=20 maxlength=120”は検索窓のサイズ設定です。わたくしは試行錯誤してこのサイズに決定した次第ですが、お好みに応じて変更なさっては如何でしょうか。
●ココログでの一般的な表示方法については、前出のvalkyrja氏の記事をご参照頂けばよろしいかと存じます。当ウェブログでの設置に際しても、それに準拠しております。


このHTML文のネックは文字コードだと思います。わたくしは該当する部分
<input type=hidden name=ie value=UTF-8>
を他所の仕様から引っ張っていたので、当初は"Shift_JIS"で設定していました。その結果、検索結果は全て文字化け、と云う状態に…。ココログの文字エンコードは"UTF-8"なので、そうなってしまったんですね。
もしココログ以外ののウェブログから当記事を検索して来られた際には、ご使用のウェブログの文字コードをご確認なさる事をお勧め致します。


そんなこんなで漸く動き始めたgoogle検索窓、いざ試してみると楽しくてしょうがない(笑)
手前のウェブログからあれこれと検索して遊んでしまいました。

以前に「記事が100件を越えたら、参照性を高めるために『まとめサイト』を作る」と云った旨申し上げましたが、それもこれもgoogle窓の設置が不首尾であるが故の立案です。
丁度100回を越えた所でvalkyrja氏の手厚いサポートを頂き、本来の目的は達成されたので、ひとまずは現状で良しと致します。
ビバ友情、ありがとうございました♪

8月末の開始以来、漸く記事も100件を越えました。
ここまで継続出来たのも、様々な方のご厚誼あっての事です。
そして、今後を見据えた此度の節目に合わせるかのようにコンテンツの拡充が叶ったのも、やはりひとえにご厚誼あっての事。

皆様、本当にありがとうございました。
今後とも「銀璧亭」を宜しくお願い致します(^-^)
 
 

|

« 気になる発売予告(クラシックばかり) | Main | スクリャービン/練習曲op.8の全曲盤(1) »

Comments

 お役に立てて良かったです。

 ちなみに""や""は、"lt;"や"gt;"と入力すると出ますよ。

[関連リンク]
特殊文字参照(WEB SITE 作成支援)
http://msugai.fc2web.com/web/XHTML11/entities.html

Posted by: valkyrja | Wednesday, January 19, 2005 at 10:47 PM

>valkyrjaさん

早々にお世話になってしまいました。お陰様で念願が叶い、嬉しい限りです。
改めて御礼申し上げますm(_ _)m

>特殊文字

うーん、やっぱりこう云うのを億劫がっていては、いけませんね(^^;
一応<>の全角表示は、他のHTML文を公開しているスペースで見かけたことがあるので、つい踏襲してしまいました。

Posted by: Tando | Wednesday, January 19, 2005 at 11:03 PM

いつも日陰から密やかに見ていたのに
こんな事に為るなるとは…。

「Σ(゚Д゚)なッ、名前が出てるッ」

…バナ(ナ)に関して云々言い訳は申すまい。
また閃いたら送りつけますゆゑ。


これからも楽しみにしております。

Posted by: 紅子 | Friday, January 21, 2005 at 08:28 PM

>紅子サマ

おおお!
まさか紅子サマ直々にコメントを頂戴出来るとは…!!
思わぬ不意打ちでした(笑)

>「Σ(゚Д゚)なッ、名前が出てるッ」

無断での暴挙、重ねてお詫び申し上げます。
でもアレですよ、Unknownで掲示するのは勿体無いじゃないですか。
紅子サマから折角ご笑覧を賜っている事も踏まえて、「御礼記事」とさせて頂いた次第です♪

>また閃いたら送りつけますゆゑ。

ウヲヲ…恐縮至極にございます。実際デザイン的には備え付けのテンプレセット以外に何の「華」も無い当blog、此度のような下されモノは本当に有難いです。
お礼とかガシガシ書いちゃいますから。

…と言いつつ、お褒めに与った「チャイナ」のテンプレセット、軒並みダウンしてます、今、まさにこの時。
じょんから節が聞こえてきそうな、真っ白の雪原を見る状態で、このコメントを記入している次第です…トホホ。

ともあれ、今後とも宜しくお願い致します。
飛雄馬を木陰から見守る星明子の如く(?)、ご覧頂ければ幸いです★

Posted by: Tando | Friday, January 21, 2005 at 09:13 PM

記事の検索は便利ですね。Tandoさまのblogの場合、読み応えがある記事が多いですから、こういうものがついていると読者としては大変助かります。
私もblogが備忘録の性格も兼ねているものですから、せっかくテキストなので検索と整理が必要だなと思っています。cocologはどうもそういう機能が弱いのですけど(^^;。
これからもこれまで同様、いろんな記事を拝見させていただいて楽しませていただきます。

Posted by: サンタパパ | Monday, January 31, 2005 at 10:11 PM

>サンタパパ様

ようやく念願叶って検索窓を取り付けることが出来ました。元々はサンタパパ様のblogでお見受けして、「ああ、これいいなあ、自分のblogにも設置したいなあ…」と思ったのが発端なんです。
昨年来、数ヶ月に渡って試行錯誤を重ねて参りました(^^;

>読者としては大変助かります。

そう仰って頂けると、大変恐縮です。
記事中の用語は自分でも持て余している状態なので、特にキーワード検索でいらっしゃる方には、ご不便をお掛けしているのでは無いかと思います。
Google検索の場合、キーワードとエントリーの題名が一致すれば個々へのリンクになるみたいですが、それ以外だとバックナンバー単位でしか遡れないみたいですね。
この点では非常に不便を感じるので、時間が出来たら「月別記事インデックス」のページを月末毎に附加してみようかと考えています。

>これからもこれまで同様

こちらこそ、「『だがっき』と『おと』の庵」と「かたすみの映画小屋」、ともに大変楽しく拝読致しております!
何かとお邪魔する事と存じますが、今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

Posted by: Tando | Monday, January 31, 2005 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 気になる発売予告(クラシックばかり) | Main | スクリャービン/練習曲op.8の全曲盤(1) »