« カミラ・ウィックスのシベリウス | Main | エミン・ハチャトゥリアン »

Sunday, August 28, 2005

どうにか1年経ちました

ぼんやりしているうちに、この「銀璧亭」も1周年を迎えました。
昨年の8月25日以来です。

最初の数ヶ月は何かに取り憑かれたかのように、連日連夜エントリー追加に明け暮れていたもの。しかし、現状は斯くの如し、我ながら不甲斐なさを感じます(^^;

…まあ、開設後程なく、実に青臭い悩みが鬱々と滲み始めるので、今となっては余り読み返したくない内容も多いのですが(笑)

このエントリーで開設以来160件目、160/365ですから、平均すると大体週2回の更新ペースとなります。
ただ、これは駆け出しの時分の熱心な更新ペースが米櫃になっているので、今後どんどん落ち込むことが目に見えている数字です。

それでも、相も変わらず音楽は好き放題聴いているし、読書もするし、悩みの種も尽きることがありません。
たとえペースが落ち込もうと、更新は継続するつもりです。

ご来訪賜りました皆様、常々のご厚誼誠にありがとうございます。
時々大ポカをやらかすこともあるわたくしですが、今後とも宜しくお願い致します。


               2005.8.28        Tando
 
 

|

« カミラ・ウィックスのシベリウス | Main | エミン・ハチャトゥリアン »

Comments

1周年、おめでとうございます。今年はこのblogを知ったのが大きな収穫のひとつです。
いつも更新を楽しみにしていますので、ペースはゆっくりでもかまいませんので、時間が出きた時や書きたいネタがあった時には、ぜひぜひ更新してください。コメントの書込みの数倍は確実に見ている人がいるはずですし、その中には楽しみにしている人もいると思います。
今後とも宜しくお願い致します。

Posted by: サンタパパ | Monday, August 29, 2005 at 11:04 PM

おめでとうございます。最初読んでいたときはあまりの豊富な知識に「かなり年上の方」と思っていましたら、同年代の方と分かり大変驚いています。今後とも期待していますのでよろしくお願いいたします。

Posted by: kawahara | Tuesday, August 30, 2005 at 12:44 AM

>サンタパパさま

ありがとうございます。
身に余るご厚誼に、常ながら深く感謝しております!
更新の停滞に後ろめたさを感じていたものですから、頂戴した激励のお言葉は心底まで染みわたりました。

生活の傍らに音楽ある限り…恐らく、命ある限り、何らかの形でインプレッションを発信し続けたいと考えております。

どうぞ、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

Posted by: Tando | Tuesday, August 30, 2005 at 01:59 AM

>kawaharaさま

ありがとうございます!
お誉めに与り誠に恐縮です(^-^;ゞ

自分自身でも制御不能な嗜好を色々と抱え込んでおりますが、これでもれっきとした昭和50年代生まれなんです(笑)

昨今は記述の傾向に一層の偏りが生じておりますが、そればかり意識していても仕方がないので、我が道を貫く所存です(^^;

どうぞ今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

Posted by: Tando | Tuesday, August 30, 2005 at 02:09 AM

1周年おめでとうございます。何年も前からあるような気がしていましたが、まだ1年ですか。
これからも一層、偏向?した、気取った?文章を期待しております。

Posted by: Ibotarow | Wednesday, August 31, 2005 at 11:49 AM

1周年おめでとうございます。
Tandoさんのとくにロシアものに関する造詣の深さに、いつも感服しています。また、フラメンコの記事も楽しみにしています。今後とも宜しくお願い致します。

Posted by: romani | Wednesday, August 31, 2005 at 06:14 PM

>Ibotarowさま

う~ん、まだ1年なんですねえ。
確かにもっと以前からこねくり回しているような気がします。

blogは読み手を意識しすぎると壁にぶち当たるらしいので、これからもマイペースでやっていこうと思います。
開き直って、どんどん偏向してゆくしかありませんね(笑)

今後とも変わらぬご教示、ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

Posted by: Tando | Wednesday, August 31, 2005 at 09:17 PM

>romaniさま

ありがとうございます!
私が『最近低迷気味かな…?』と思い始めた頃合いに、いつも暖かいコメントを下さるromaniさまは、とても頼もしい御方です。

ワルティ梅田(私も勤務明けによく立ち寄っています)の話題などを頻繁に書いてらっしゃるので、想像以上に接点は近いのかな…と思っていたりします(笑)

ロシアもの、水が合うのかマニア気質をくすぐるのか、どんどん深みにはまっています。フラメンコは現在充電中ですが、また必ずエントリー追加するつもりです。

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

Posted by: Tando | Wednesday, August 31, 2005 at 09:28 PM

こんにちは。長らくのご無沙汰でした。
何時の間にやら銀璧藩も一周年なんですね。しかも二万石も間近。いや目出度い(笑

当方浅学のため、基本的にコメントを付ける事はありませんが、常日頃から当ブログは楽しく拝見しております。
これからもマイペースで楽しく更新を続けていって下さると幸甚に思います。

では本日はこの辺で。また二万石記念で何か書かんとイカンなあ(笑

Posted by: パエッタ提督 | Saturday, September 03, 2005 at 04:40 PM

>提督殿

ご無沙汰致しております(ノ-;)

もうどれくらい消息していないんでしょう。
件の約束から既に何ヶ月が経過したことでしょう。
それにも拘わりませず、暖かいお言葉誠にありがとうございますm(_ _)m

>当方浅学のため、基本的にコメントを付ける事は

これは、私にこそ当てはまるかと…(^^;
殊にあの「抗争」については、傍観に値するだけの素養もございませんでして…(笑)
とまれ、楽しく拝読致している次第です。

提督殿のサイトも、8万石達成が間近ではございませんか。
すっかり中藩知事の風格ですねえ。

うちの2万石は、ヒソーリ内祝いということに致します。
目指すは3万石、城持ち大名への昇格ですねん。

Posted by: Tando | Saturday, September 03, 2005 at 07:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カミラ・ウィックスのシベリウス | Main | エミン・ハチャトゥリアン »