« Arbiterからフェインベルグの初復刻音源発売 | Main | 「パリ・ロンドン放浪記」~ジョージ・オーウェル »

Tuesday, November 29, 2005

追悼・山下毅雄

作曲家・山下毅雄氏が、さる平成17年11月21日に亡くなったという。
生老病死は人の定めであるが、誠に哀惜の念に堪えない。

私自身は、その全盛期と時を同じくしていない若輩者である。しかし、この偉大な才人が刻んだ轍は、確かに新たな時代を導いたものと信じて疑わない。

今はルパン三世 THE 1st SERIES ANTHOLOGY - MUSIC by TAKEO YAMASHITAを聴いて涙することにしよう。
山下御大自身による各曲目解説と併せて、正に極上の逸品。

「銭形の目玉ギョロリ 追う追う……逃げる逃げる……空もいいなあ……」 (TWO-BEAT ROCK-“LUPIN3 PART2”)

「義理と人情のルパンズプロジェクト。五右衛門、いい事教える。」 (A TOUCH OF JAPANESE TONE)

「不二子ヤーイ! ルパン飛んでやがる。オロロロ…歩いてんのか。ゆけゆけ丘を越えて。」 (SHUFFLE ROCK-LUPIN WALKIN’)

「気分はトロピカル。サンバってェ酒ねェのか!」 (MEDIUM SAMBA)

「ピンチだルパン! ルパン風ピンチって?……アレレ……ワルサーが吠える、バイクが叫ぶ。フヒャー!」 (AFRO“LUPIN’68”)


一見エキセントリックと言うか、可笑しいようだけれども─その後シリーズを重ねるルパン三世、既にここにあり、なのである。創作の経緯への言及も、実に熱くて生々しい「クリエイターの言葉」となっていて見逃せない。

もう一つの推薦CDはこちら。
ルパン三世´71ME TRACKS

行方不明となっているマスター音源を、MEテープからの切り貼りによって「復元」した、誠に頭の下がる大労作。限界ギリギリまでSEを排除した構成となっている点、企画制作の高島幹雄氏の熱意が感じられて、美しい。

さあ、もういいだろう。
「旧ルパン」のマスター音源よ、再び世に還るのだ!!
 
 

|

« Arbiterからフェインベルグの初復刻音源発売 | Main | 「パリ・ロンドン放浪記」~ジョージ・オーウェル »

Comments

山下毅雄氏がなくなったのぉ。
ワシはCD「ヤマタケマニア」の一つを持っておるが、聞きごたえ十分じゃのぉ。
毅雄氏というと、影絵作家の藤城清治氏の影絵アニメ作品の音楽でも聞かせてくれたのを思い出すのぉ。
惜しい人を亡くしたとは言え、もう、仕事は一生分以上はされたと言って良いじゃろうなぁ。

Posted by: うらないおばば | Saturday, December 24, 2005 at 03:56 AM

>うらないおばば様

はじめまして。拙い記事へのコメント誠にありがとうございます。

>藤城清治氏の影絵アニメ作品の音楽

このあたりのお話は、私の親世代でやっとわかるかどうかというところですね。私などは、プロフィールの記述などで辛うじて見覚える程度の知識です(^^;

ご病気長かったのでしょうか、最近のご様子とんと存じ上げないまま訃報を知りました。ご令息のサイトでは「介護生活の中─」との言及がありましたが…。


この御縁にうらないおばば様のblog拝見致しました。
昨今殊に心中健やかならざる日々を送っていた所為でしょうか、箴言集をひもといたような心持ちです。

今後とも折々に訪問させて頂きますので、宜しくお願い致します。

Posted by: Tando | Wednesday, December 28, 2005 at 01:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Arbiterからフェインベルグの初復刻音源発売 | Main | 「パリ・ロンドン放浪記」~ジョージ・オーウェル »