« 亡命者達の調べ | Main | 判明、炎の(偽)自作自演「ガヤネー」 »

Tuesday, September 23, 2008

チャールズ・ローゼン

ピアニストのチャールズ・ローゼン(Charles Rosen/1927-)は、今や数少ないフランツ・リストの孫弟子。
偉大なるモーリッツ・ローゼンタールに師事しているから、ホルヘ・ボレットと同門だ。
ただ、ローゼンタールはあれこれ細かい指図をする人では無かったようなので、「薫陶を受けた」程度に受け止めておくのが穏当だろうか。
学識も深いローゼンはレパートリーの広いピアニストで、かつ表現手法は非常に穏健だ。たとえばチェルカスキーやアール・ワイルドのような、19世紀的ヴィルトゥオーゾの遺風を期待すると肩透かしかも知れない。
近年(2001年),イタリアFONEにSACDでモーツァルトのソナタ集を入れていたが(廃盤?)、これは無味乾燥に近い仕上がりでパッとしなかった。

彼の素晴らしさを実感出来るのは、CBS-SONYのESSENTIAL CLASSICSからCDとなっている、ベートーヴェンやバッハだろう。
ベートーヴェンの後期ソナタも非常に生真面目ながら期待以上の仕上がりだし、バッハのフーガの技法(テューレックの小品と2枚1組)も穏健ながら味わい深く、食傷させられることがない。
そして、「ゴルトベルク変奏曲」が佳演である。
グールドあたりで聴き慣れていると、この演奏の価値は相対的に上がってくる性質のものだ。
前者が一級のブランド品だとすれば、ローゼン盤は普段聴きに凄く向いている。
優しく滑らかなタッチと、潑溂としたメリハリ、聴き手を厭きさせないように仕掛けつつ、一切が押しつけがましくないのだ。何度聴いても新鮮だし、かといって辟易させられるような部分もないのだ。
「いつでも聴ける」こういう1枚を手元に置いておくのは、決して無駄ではないと思う。
その「滋味」が「地味」にも通ずる趣が故に、私がこの盤の真価を覚るには、少し時間がかかったが…。
なんとはなしにAmazonでも☆5つのレビューが2つ付いているのが、この盤の雰囲気を表しているのかもしれない。

つくづく思うことだが、バッハは色々聴いておいて無駄はない。「絶対」がない作曲家だ。
そこに尽きせぬ安堵を感じさせてくれる。

|

« 亡命者達の調べ | Main | 判明、炎の(偽)自作自演「ガヤネー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 亡命者達の調べ | Main | 判明、炎の(偽)自作自演「ガヤネー」 »