« 佐賀に行ってきました! | Main | 鍋島元子 »

Saturday, October 18, 2008

伊之助めん

「この めん、わかんねえなあ~」

炊事場で腕組みして考え込みました。
まだ、私は佐賀旅行を引っ張ってまして、今回もその話です。

いよいよ佐賀を離れる時のこと、JR佐賀駅にある佐賀県物産売り場で、何か買おうとしていたのです。
職場や友達へのお土産品は村岡総本舗の安くてうまそうな新製品、「とら焼き 宗歓」(1ヶ126円)を手配したし大丈夫。せっかくだから、私達夫婦のお土産になるものも、と考えました。
本当は私が焼物にハマっているので、まんべんなくイイモノが並べてある、有田焼、伊万里焼、唐津焼、等々から何か買いたいんですよ。だけど妻がこの悪癖にウンザリしているので、これは不可…(苦笑)
じゃあ徹底的に安くて、ちゃんと食べるものにしよう、と思考をシフトして店を隅々まで眺めていたら、何となく目に留まったのが今回ご紹介する「伊之助めん」なのです。
見た目は何の変哲もない、スーパーで普通に売っている「乾うどん」です。
「あ~、佐賀も特産でうどんがあるのね。うどんならちゃんと食うし、嫁さんも好きだから、これでいいか。」
と、無我でこれを買いました。

さて、きょう今夜。
夕食の内容が思い浮かばないので、ちょうどいいから気軽なうどんにしようかと思った訳です。
そこで、この「伊之助めん」を取り出しました。
念のために調理方法を確認した時の心境が、冒頭の一言なのです。

<調理方法>
・ゆでたてを食べること。
・麺をゆでる前に、つゆ、薬味など「材料の全てをととのえて」、なおかつ「召し上がる直前に麺をゆでてください」とのこと。
・2リットル(約1升1合)の水を充分沸騰させるべし。
・そのままで湯がふきこぼれない状態を維持しながら、15~16分麺をゆでる。
・ゆで終わったら火を止めて、5~6分むらす
・「少量取り出し冷水につけ」て、「御試食 いたゞきお好みの固さで手早くざるにあげ」る。

・・・・・・
めんどくせえ!!

でも、全てを指示通りにやりました。
そして、食べました。
あ~、おいしかった^^

伊之助めんは、佐賀県神埼市(かんざきし/吉野ヶ里遺跡で有名)にて360年続く製麺の老舗とのこと。

昔々のある日、そこに小豆島からの旅の坊様が訪れたそうな。
ところが急病にかかり、路傍で苦しんでおったそうな。
気の毒に、と思った地元の伊之助さんが、誠心誠意、介抱したところ、坊様は程なく回復したそうな。
坊様はそのお礼として、小豆島特産の「そうめん」の作り方を伊之助さんに教えたのだそうな。

伊之助さんは、これぞ天が与えた家業、と心に決めて日夜精進し、出来上がったのが現在まで伝わる「伊之助めん」なのだそうです。

うおお、気楽に食ってた「うどん」にも茶道華道剣道みたいな「うどん道」があったんやなあ、と納得。
お心に留まるようでしたら、Web通販可とのことですのでお試しになってみてはいかがでしょうか。

いやはや、佐賀は今の今でも「葉隠」の郷でございますね(笑)
 
そう言えば大阪梅田に「はがくれ」という、うどんの名店があったなあ。
 
※ちゃんとクラシック音楽の話も、書く予定を立てております!
「銀璧亭」とはCDの様態をもじってつけた名前、音楽抜きでは成り立ちませんので…。
 

 

|

« 佐賀に行ってきました! | Main | 鍋島元子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 佐賀に行ってきました! | Main | 鍋島元子 »