« 判明、炎の(偽)自作自演「ガヤネー」 | Main | 伊之助めん »

Tuesday, October 14, 2008

佐賀に行ってきました!

母親の郷里、佐賀県佐賀市に久し振りに行ってきました!
今でこそ「ドイナカ」のイメージで玩弄され、当事者も開き直っている佐賀県。
しかし鍋島三十六万石由来のこの県は、ハイセンスな文化も沢山あるんです。
ところが「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」の「葉隠武士」の無愛想さと律儀さ、それぞれの極致である気質が、色々な「イイモノ」を残念ながら単なる「器用貧乏」にしてしまい、全国的には「単なるイナカ」扱いになってしまいました(^^;

佐賀のイイモノ色々は伝統文化やグルメ、ショッピング等々沢山あるんですが、今回はその一つをご紹介。

実は今回、佐賀市の中心街を歩いて、ゴーストタウン化の凄まじさに愕然としました。
個人商店が郊外型ショッピングセンターに吸い上げられてしまったんですね。
私が目当てにしていたお店も潰れていないかとドキドキしていましたが、大丈夫、元気でした(笑)

そのお店が「コオダ貿易」(店名:オリエンタル・アート・コオダ)なんです。
ここは、輸入貿易会社・インド雑貨店です。
アジアン雑貨」というジャンル確立前の1973年から、インドの素敵雑貨を素晴らしいセンスで販売してこられた、由緒正しいお店なのです。
今でこそ珍しくないしつらえに見えるお店ですが、私が子どもの頃(25年程前)から全く様子が変わっていません。実のところ、時代が近年このお店に追い付いただけだと私は考えています。
こぢんまりと厳選しながら、入荷商品の品定めのセンスは、さすが長年のノウハウをお持ちでとても奥が深い。
私自身、大人になった今でこそ近畿三都の同種店へのアクセスが自由自在ですが、何も買うものが見付からずに退店することもしばしば。日常的に貿都・神戸をも射程範囲にしながらも、です。
しかし、佐賀の、この「コオダ貿易」では必ず「あ、珍しい、買っちゃおう」って、なっちゃう品物が必ずあるんですよ。

その「コオダ貿易」が最近遂にWeb出店されたことを、今回旅行で教えて貰いました。
これで、私のスペースでも大々的に宣伝出来ます。
私にとって「コオダ貿易」を応援することは、間接的に佐賀を応援することと同じです(笑)
まだまだ店頭のエッセンスだけがWeb販売の対象になっているだけのご様子ですが、拡充に期待してます。

そんな訳で、見づらいところにありますが私の"SHOP"リンクに「コオダ貿易」を追加しました。
ご関心の向きは是非、定期的にチェックなさってみてください。

以上、個人的な思い入れにお付き合い頂いてありがとうございますm(_ _)m 

|

« 判明、炎の(偽)自作自演「ガヤネー」 | Main | 伊之助めん »

Comments

こんにちは、Tandoさん。当日担当させていただきましたコオダ社員の者です。
さっそくアップしていただき感謝しております。

ところで、お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m.

じつは、あれからしばらく佐世保に出張しており、今日やっとコメントを拝見することができました。

…感動しました。

ありがとうございます。
ネット販売はまだ試作段階のヨチヨチ歩きで(なにぶん素人の私が作っていますから・・・)暗中模索中です。今後の発展の為にもよろしければ、Tandoさんのご意見をいただければ幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted by: コオダ貿易 | Tuesday, October 21, 2008 at 04:52 PM

>コオダ貿易さん

いやあ、あのチラシを頂いた時、
「時は熟した!」って思いました。
それでつい先走ってしまいました…(^^;
それだけに喜んで下さって、私も嬉しいです。

そのうち「ラッキービーンズ」みたいな
キラリ光る小物を
サクサク選べるような方向性も
織り込んで頂けると嬉しいです。
ラッキービーンズは500円出しても
欲しいですよ…しょっちゅう失くすので(苦笑)

アジアン雑貨店って、やっぱり色々ある
身の回りの小物とかを選り取り見取りする
楽しみが大きいかと思います。

コオダさんの長年のノウハウは、そういう
気軽なイイモノについても見極めて持ち帰って
来られる点で強いなあと思いますね。

ほんま、地理さえ近ければ週1でも
夫婦で足を運ばせていただきたいです(^^)
ネットでも等身大の
「オリエンタルアートコオダ」に
アクセス出来るようになったら最高です!
 

 

Posted by: Tando | Tuesday, October 21, 2008 at 11:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 判明、炎の(偽)自作自演「ガヤネー」 | Main | 伊之助めん »