« 伊之助めん | Main | エレーヌ・グリモーのバッハ »

Wednesday, October 22, 2008

鍋島元子

鍋島元子(1999年没)は日本のクラヴサン/チェンバロ/ハープシコード奏者。
この楽器における日本人奏者の先駆であり、源流と言える人だ。

没後なお、本当は私如きが呼び捨て書きするのは憚られるような御方なのだ。
しかし、敢えて固有名詞として対峙することもまた、尊ぶことであろうと割り切ってこの場でご紹介したい。

鍋島元子はグスタフ・レオンハルトに師事し、ブリュッヘン、クイケン兄弟のもとで研鑽を積み、欧米各地で一級のクラヴサン奏者として重きを成した。
一方、日本でも母校の桐朋学園を中心に後進の育成に注力した。

こんなに素晴らしい音楽家のCDが、普通のルートでは流通していない。
心ある人々が静かに、大切に護り伝えて世に送り出しているのが今現在の状況だ。
レオンハルトも、あるいはスコット・ロスも愛聴するようになってなお、私にとって鍋島元子は不変の輝きを放つ特別なクラヴサン奏者だ。
手に入れる便宜を得たならば、複数点のずっしりとした音源が聴かれるようになるが、まずは入口として1枚、「チェンバロ・バロック名曲選」と題されたものをお聴き頂きたい。
ラモー、フランソワ・クープラン、そしてバッハの作品がちりばめられている。どこかで聴いたことのある親しみ深い小品がまんべんなく収録されているから、すぐに聴き馴染むことだろう。

それにしても何という素晴らしい奏者だろうか。
鍋島元子は、佐賀鍋島家の流れを汲む(複数家ある中の何処とまでは確かめていないが間違いない)、深窓の女性として生まれ育った人だ。
それが公然のプロフィールとして目に付きにくいということは、ご自身が生前敢えて表に出すまでもないこととお考えだったのかも知れない。
しかし、自ずと具わった気位の高さは隠しようもない。
この人の演奏を聴いていると、どうしても、古伊万里の色絵の、極上の逸品に眺め入った折、東洋の中に西洋が見え、またその逆が見えるような交錯、不思議な感興に等しいものを抱く。

「ナベシマ」と言えばまず極上の磁器を思い出す向きもあろう。
鍋島元子もあるところから遡れば、そこに還り着く芸術家なのだと思う。
だから、こと私の趣味志向から申せば唯一無二なのだ。

鍋島元子のCDは、自身の創設になる"古楽研究会-Origo et Practica"(通称・オリゴ)のサイトを通じて入手することが出来る。ディスコグラフィは、こちら。


あとは私の個人的な話。
この人のCDを入手して以来、いつかは「銀璧亭」で紹介したいと思っていたが、その日の気紛れのような感じではとても対峙出来ないと観念していた。
今が本当にちょうどいいタイミングで、楽しく意義深かった私の佐賀旅行から、また普段の音楽日記へ軌道修正するためには、この人CDを措いて他に好適の音源は無い。

佐賀よ、どうだろうか。
別に「個性と英知で磨き上げる田園都市『佐賀市』」という構想も悪いとは言わないがね。
違った方向から汲み戻すべきものがあるのではないかしら?
今やうら寂しい、かつてのメインストリートを思い切って「鍋島通り」とでも名付けてみたらどうだろう?
三十五万石の彦根藩/彦根市(因みに佐賀鍋島藩は三十六万石で非常に近い)が、その方向性で見事に観光都市へと転換出来たことにも目を向けて欲しいものだ。
 

|

« 伊之助めん | Main | エレーヌ・グリモーのバッハ »

Comments

こんばんは。
鍋島女史のCD、とても興味を持ちました。
WEBを見に行きましたが、ピンとくる何かがありますね。
僕も実はバロック好きですが、クラヴサンのCDはピアノに比べると選択肢が少ないですね。
レオンハルトは別格ですが、残念なのはエンジニアによってアンビエントが強すぎる録音があることでしょうか・・・。
LPだとギュンナー・ヨハンセンの自主制作盤によるバッハが演奏・録音共に素晴らしいので、CD化されるように願っているのですが。面白いことに、ヨハンセンは録音まで自分で全部やっている所です。しかも、すばらしい機材を買い込んで(笑)中古盤でも安いので、オススメです!


Posted by: 夏目 | Saturday, November 01, 2008 at 08:32 PM

夏目様

ご関心をお持ち頂けたのならば、このエントリーにおいて無上の喜びと存じます。
ありがとうございます!

レオンハルトをご愛聴のようでしたら、亡き鍋島氏の演奏は一聴の価値ありですよ。
録音もアンビエンスに滲むことのない、実に心地良いクラヴサンを楽しめます。

私はこの楽器では他に、ロシアのピアニスト、リュビモフが録音した僅かな音源と、スコット・ロスに愛着を持ちます。

>ヨハンセン

己をCD世代と開き直ってしまうと遠のいてしまいそうな人ですね(^^;
是非聴いてみたいと思いました。
ひとまず私もCD化を望む者としてご同道させて頂きたいと思います。
 

Posted by: Tando | Monday, November 03, 2008 at 09:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 伊之助めん | Main | エレーヌ・グリモーのバッハ »