« マーラー/大地の歌/ワルター指揮(1936年ライヴ) | Main | ギリヤーク尼ヶ崎、白川軍八郎 »

Friday, April 17, 2009

ドゥシーク,ヴィルトゥオーゾの誕生

ボヘミア出身のピアニスト・作曲家、ヤン・ラディスラフ・ドゥシーク(ドゥセック、ドゥシェックとも/Johann Ladislaus Dussek/1760-1812)の伝記については、ウィキペディアに詳しいので、そちらをご参照されたい。
エカチェリーナ2世やマリー・アントワネットを魅了し、不倫の果てに友人クルンプホルツを入水自殺へ追いやった美貌の音楽家。そして破産と生活の荒廃、極端な肥満による演奏続行の断念。
まさに疾風怒濤を地で行く、劇的で燃え尽きるような生涯を送った人だ。
ピアニストとしては英国の楽器職人ジョン・ブロードウッドに特注した大音量のフォルテピアノを駆使し、同時代にとって圧倒的に斬新なレパートリーを自ら切り開いていった。
その素晴らしい才覚の片鱗を窺わせるCDが、今回ご紹介するセットだ。

ドゥシーク:ピアノ・ソナタ集/アンドレアス・シュタイアー(フォルテピアノ)

C.P.E.バッハ(J.S.バッハの次男)による直接・間接の影響がドゥシークには見られるということだが、なるほど、確かにフォルテピアノの音域を前提とした先鋭的な作風は相通ずるものを感じさせる。モーツァルトとほぼ同世代人でありながら、モーツァルトがその短命故に為し得なかった作風にドゥシークは到達しているように思われる。このセットに聴かれる1790年代のソナタには、ベートーヴェンの画期的なピアノソナタ第12番「葬送」を先取したとも言うべき激情がある。
そして更に作風を深化させたソナタ「哀歌」「パリへの帰還」の圧倒的な迫力はどうだろう。仮にこれらの作品がモダンピアノのレパートリーとして取り上げられたなら、目隠しでは作曲家の世代も作曲年代も言い当てられなくなってしまうのではないだろうか。
ここで1805年製ブロードウッド・ハンマーフリューゲルを駆使するシュタイアーの才覚は、まったく瞠目すべきものだ。楽器のスペックを限界まで引き出すように没入しきった演奏は、ドゥシークが同時代においてどれほど時代の先へと進んでいたかを如実に思い知らせる。鮮烈な技巧がもたらす音響は、既に19世紀中盤に向けて開花してゆくヴィルトゥオーゾの黄金時代を胚胎したものだ。
このドゥシークこそが、まさしくピアノにおけるヴィルトゥオーゾの嚆矢なのではないだろうか。それと同時にドゥシークは孤高の境地に入ったまま完結してしまった音楽家であるように思われてならない。
古典派にも、初期ロマン派にも属さないドゥシークの音楽。ピリオド演奏という枠にとらわれず、より多くを聴きたいものだと願う。

|

« マーラー/大地の歌/ワルター指揮(1936年ライヴ) | Main | ギリヤーク尼ヶ崎、白川軍八郎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マーラー/大地の歌/ワルター指揮(1936年ライヴ) | Main | ギリヤーク尼ヶ崎、白川軍八郎 »